本日はお日柄もよく。

絵をかいたり語ったり酸素吸ったりしてます。

テゴマスコヤシゲを模写りつつ「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」のDVDについてユルく感想しようと思います。

 

こんにちは!
オリジナルを頑張ると決意したそばからNEWS的な内容でアレなのですが、今回は12月に発売されたNEWSのDVD「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」の感想をユルく書きたいと思います。本当は先月中にUPしたかったのですが…!

せっかくなので、各メンバーの「個人的にここが良かった!」というめっちゃニッチなシーンの模写と共にお送りしたいと思います♪(模写るのに時間がかかってしまった…!泣)

 

と、その前に。

 

年末年始はいろいろな番組にメンバーが出てましたが、「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2016→2017」では新曲「EMMA」が初披露されていましたよね!

これは…
そこはかとないKAGUYA感……!?

ドラマ「嫌われる勇気」の主題歌ということでどんな感じかな~?と楽しみにしていましたが、個人的にはまあ普通かな?というかんじでしたね。ただもう、とにかくキャッチー!聞いた後ずっと「えまっ、えまっ、えまっ」とサビの部分が頭から離れなくなるという(笑)覚えやすいタイプの曲ですね。

 

ひとつ感慨深いのは、この「EMMA」という曲はわたしがNEWSファンになってから初めて出る楽曲だということです。
で、「QUARTETTO」のDVDもそうなんですよね。それまでのDVDは遡って買いましたが、これは予約したので…なんか連載中の漫画を途中から買い始めてようやく新刊まで追いついた的なのに似てますね(笑)

 

そんなわけで新参ファンの自分から見たQUARTETTOのDVDってこんなかんじでした! 

 

まず選曲がスゴイです!
ドキュメンタリーのディスクで語られていた「新しいファンが増えていると思うからなるべくシングルで…」という言葉通り、昭和言語で言うところの「A面の曲」オンパレード!

前半もそんなかんじだけど、個人的には後半がスゴいなと思った。妖しく大人っぽい雰囲気の「I・ZA・NA・I・ZU・KI」、重厚で骨太な感じの「Wonder」「シリウス」…か…ら…の…「NEWSニッポン」!

えーそうきたか!と思ってたら「ライフ」「サヤエンドウ」「恋のABO」「TEPPEN」「NYARO」「ヒカリノシズク」って、この辺りかなり怒涛のプログラムな気がして。これでもか!ってほど繰り出してくる感がスゴイ。これは会場にいたら息つく暇がないほどアゲアゲでしょうね(ノω`*)

どうでもいいけど「サヤエンドウ」聞くと妙に錦戸くん思い出します。その頃のNEWSを見てたわけでもないのに不思議ですね。なぜだろう??

 

あと全編通して気になったことがひとつあって。
メンバーは「この先NEWSが大きくなっても皆との距離は変わらないから」ということを何度も口にしてましたよね?
頭に残るほどだったので、よほど「そうなるだろう」ってことが見越せる状態にあったんだろうなって。

このLIVEの時期からして、24時間テレビのパーソナリティに決まったりとか、テレビ番組が始まったりとか、そういうことが関係していたんだろうけど、もしかして他にも何か今後の展望が明るいことを確信できる何かがあったのかなぁとか思ったりして…もしかしてもしかすると事務所内的なアレコレとか…!?
なーんて、ちょっと気になる部分でしたね!

「今回のLIVEは新しいファンのためにシングル曲を中心に…」的な発言も、LIVEに新しいファンが来るだろう=チケットの申し込みが多い=ファンクラブ入会者が増えた、ということなのだろうし…whiteのDVDはそういうのを感じなかったんですが、今回はやけにそういう空気感がありました。何か目に見える変化があったんでしょうね。

 

と、余談はともかくとして、個人的に良かったシーンをつらつら書いていこうと思います。

 

笑ってないトコの増田貴久くんがカッコよかった件。

 

曲順でいこうと思いますが、まず、まっすー。 

「KAGUYA」のラストの方で、メンバーそれぞれ決め顔してるところをカメラで抜いてますけど、そこのまっすーです。
もう~ここがカッコよくて!!

ふっ、って顔を動かしてるのでなかなかじっくり見られないんですが、あんまり好きすぎてこの僅か5秒くらいのシーンを連続20回くらい再生して見てました(笑)

で、どうしてもここを描きたい!と思って、もうDVDをコマ送りして一番いいところでスクショして描いたんですけど、あんまりコマ送りばかりしていたらDVD-ドライブが挙動不審になるというね…QUARTETTOのDVDを見て以降、DVDが読み込まなくなったりして四苦八苦しております…ああ…(=ω=;)

 

そう、今回のLIVEもまっすーが衣装デザインということですが、この黄色い衣装と、光に当たると模様が見えるという白い衣装、かなり面白いアイディアですよね♪

個人的に一番ツボったのは、茶色のスーツみたいな衣装。アレはもう滅茶苦茶カッコいいです!!!普通、ああいう茶系ってスーツにはあまり合わないと思うんですよね。どこか野暮ったく見えるというか。でもかっこよかった!メンバーによって裾丈が違っていて、ちょっと長いのが個人的にツボすぎて…スーツっぽい形なので慶ちゃんが一番似合ってるなぁと思いました♪

あとしょっぱなの衣装もカッコよくて好き。シゲ曰く「カーテン着てるみたいに重い」キラキラヒラヒラした衣装ですね。あの衣装も描いてみたかった~!
あの衣装を着てる時の…確か「チャンカパーナ」の時だったと思うんですが、シゲの顔アップのところで若干ウインクみたいに片目を細めてるところがあって、もうそこがね…シゲの王子様感が半端なかったです!乙女ゲーの男性キャラなんじゃないの!?って思うほどキラキラしてましたよ♪

 

乙女ゲーといえば以前V6と恋できるゲームがありましたよね?あれのNEWS版作ってほしいです。確実に課金しまくりですね(笑)
そのゲームの中だけでシゲの新作SSが読めるとかさ…増田さん作の待受けがもらえるとかさ…てごちゃんが作曲して歌ってくれて尚且つそこでだけダウンロードできるとかさ…そういうファン垂涎の嫌らしい仕組みを作ればいいのですよ…ええ、そうですとも…
もしそんな素敵なコンテンツを作る場合は!!!
制作ゲーム会社さん!!!
ぜひ声をかけてください!!!!!
マジ携わりたい!!!!!

慶ちゃんシナリオはきっと、news everyの中で名指しで告白してくれるんですよ。そんで「もうこれで皆が証人だよ」とか言うんだよ…シゲはこちらから告白すると「バカヤロウ。俺の方が愛してるよ」って決め台詞を放つんですよ(笑)
あ~これもういくらでもシナリオ浮かびますね!創作ヲタクと乙女ゲーライティングの血がふつふつと騒いでしまうというか…あぶない!(笑)

 

…と、妄想ばかりしてたら話がさっぱり逸れてしまいました;

 

今回模写ったところのまっすーは、描いている途中なんとなくKis-My-Ft2の玉森君に似ていて、本物の二人は全然似てないのに何でだろう…と頭を抱えました(.;ω;.)

玉森発増田着にするにはどうすればいいのか…いろいろ試行錯誤した結果、目をすこし縮小&寄せて今の形に。うーん、毎度難しい!

それにしてもまっすーは可愛いというイメージが大きいので、ふとしたときのカッコ良さにはドキッとしてしまいますね。最近真ん中分けにしてるけど、こっちの方がカッコ良さ率が高い気もします。
といいつつMCラストの「まっすーのペンライトが無い」が可愛すぎて和みました(*´∀`*)

 

加藤シゲアキくん的な星の王子さま

 

次はシゲです。

ソロの「星の王子さま」で本を読んでいるシーンです。
専用に作ったという服がこれまたオシャレですね♪ストライプとはいえ白スーツですから!

 

ところでシゲを模写っているとき、またしても家族から感想を言われました。以前もシゲを模写っているとき「それキムタク?」と言われたのだけど、今回は「その人リーダーに似てるね。違う?」と言われまして…

リーダーといえばTOKIOの城島君…ええ~似てるかな!!?
意外だったのでビックリしましたが、そう言われたのがラフ段階で、遠目でみたら確かにそういうシルエットに見えなくもないという…またしても本人たちは別に似てないのに不思議です;;

でもこの時すごく納得したことがあるんですよ。
わたしは家族にNEWSファンだと公言していませんし、ジャニヲタとも思われていないので、誰かを模写したとしてもそれが必ずジャニタレというふうには結び付かないはずなんです。

それなのに出てきた名前がキムタクとリーダー。
ということは、ジャニーズで名前が売れているタレントさんの顔にはどこか共通したものがあるってことですよね。
4人模写しているのにシゲのときだけ言われるのも何かあるんだろうか…ちょっと気になります。

そうそう!
そういえば以前テレビでざわちんさんが、「売れてるジャニタレには共通点がある」と言っていたんですよね。確か黒目が少し離れてるとかそういう内容だったような…でもこれは売れてるメンバーだけだそうです。チェックするのがこわい…!(笑)

 

で、「星の王子さま」ですが、ラストの「君なら分かるだろう」のセリフがとても印象的だしステージングもかなりオシャレな感じがしました。

ちなみにわたしはこのDVDを見るまで、「星の王子さま」という曲がかの有名なあの「星の王子さま」から来ているという事を知らなくてですね…あ、あれだったのか!と。本当に今更驚きまして;

ちょうどこのDVDを見たのと似た時期に、しくじり先生でオリラジのあっちゃんが星の王子さまについての授業をやっていたんですよね。作品自体はとても有名だけど今まで読んだことがなかったので、そこで初めて「へえ、そういう話なんだ」と知りました。ついでにあっちゃんが解説してくれたので「そういう意図がある作品なんだ」という事もわかって。

どう考えても子供向けじゃないと思うんですが児童書コーナーにありますよね…でもその難しさを考えると作家でもあるシゲがこの作品をチョイスしていることにはとても納得できたというか。

 

そういえばこのLIVEで、シゲはスクリーンに映し出される映像を担当したのですよね。まっすーに「じゃあシゲがやって」と言われたからと言ってましたけど。

で、ドキュメンタリーの中で手越くんが「将来的にシゲは映像を撮りそう」みたいなこといってたけど、本当にそれだな!と思いました。小説→シナリオ(脚本)→監督みたいなかんじに、その内本当にそうなるような気がする。シゲが脚本&監督をやって、NEWS主演の映画を作ってほしいですね♪

シゲだったら、ジャニーズだからといってイケメン全面だしというような甘い脚本は書かないと思うし、けっこう重厚なキャラクターをつくってくれそう。映画化した「ピンクとグレー」が結構純文的な匂いのする作品だったから勝手に期待大です!

 

ちなみにこのDVDの中で一番好きなシゲポイントは、MCでの手越君とのやりとりです。「どんだけ~点滴~」「あはは!」ってところですね!毎度思うけど、シゲのツッコミが一番ツボに入ります。「お前明日風邪ひけ!」とか、このツッコミお笑いと同じですからね(笑)

 

どこをとってもイケメンだった手越君ですが…

 

つぎは手越君。 

彼はどこをとってもあまり崩れないイケメンで!
けどこのDVDを見ていて個人的にすごく打ち抜かれたシーンがあって、それが「Touch」のラスト。

ライトが消える直前にちょっと笑うんだけど、そこがもう…!わたしの中で完璧すぎた!
この人二次元かな?って思いましたからね(笑)高梨みつばさんの漫画に出てくるイケメンキャラと違うの!?っていう(笑)

漫画で言ったら「ニッ」って擬音で書かれるような微笑み方なんですけど、それがなんていうのかな…すごく自信がある笑みって感じなんですよ。目力がすごいんです。なんかこう、見せ方を熟知してるんだなぁという客観的な感想と、 これは惚れるわっていうファン目線の感想とが交錯するという。

 

で、これもやっぱり「是非ここを描きたい!」と思って興奮しながら模写ったんですが、手越君は本当にもう難しくて、なかなか納得いかなくて最後までちびちび修正していました。本当はここにアップした画像も納得できていなかったんだけど、まあとりあえずの落としどころということで…。

あ~またリベンジしたい!!。゚(ノωヽ*)゚。
かっこいいけど可愛いし、可愛いけどかっこいいし、なんかよくわからない絶妙なバランスなんですよね、輪郭も雰囲気も…不思議だよ~!

 

そういえば手越君は、MCでのはっちゃけぶりが結構印象的でした。あれを見ると本当に自由な人なんだなぁって思いますね(笑)でもそういうところがいい。自分も見習いたいです!

わたしはNEWSのファンになったばかりの頃から手越君に興味津々なんですけど、手越君=ポジティブ・何言われても平気、みたいな印象に対して、個人的に本当にそうかな?ってちょっと疑問に思ってるんですよ。だってそういう人が毎日日記書くとか…しかも何年も継続してるとか…なんか印象がズレるんですよね。

手越君が金髪にしたのは、みんなの中で目立ってすぐに自分だと分かるように、とのことだそうだけど、これってNEWSの中どころか芸能界で生き残るための戦略的な方策なわけじゃないですか。だから人への接し方にもそういうのが反映されているんじゃないかなぁって。接された方はそういう性格の人だって認識するから、例え本当じゃなくても相手がそう思えばそうなるわけですよね。

手越君は「メンバーにも負けたくない」みたいな発言しているし、そういう意味ではずっと共にいるメンバーであってもある程度プロテクトしてそうな気がしたりして。なんか、それこそ恋人レベルの濃密な関係じゃないと本当のところが分からなそうな気がして、そこが個人的に興味津々なんですよ!(笑)
何だかこの人はまだ何かを隠し持ってそうだぞ!?っていう、なんかそんな感じがして、そこが魅力的なのです(*´∀`*)

 

そうそう!
あとドキュメンタリーの中で、「Encore」というソロ曲について、純粋に歌だけで勝負する、というような事を言っていて、個人的にこの言葉は心地よかったです。歌が上手い彼だからこそできることだなぁと思ったし、その覚悟があるっていうのが良いなと!小山くんへのドッキリに対しても全力投球するあたり最高ですね(笑)

10thのDVDのMCでも思ったんだけど、手越君の言ってることってすごく納得できちゃうところが多いんですよね。なんというか、みんなが「これってルール違反だけどこうした方が楽だよね」っていうのを、真っ向から「いや、ルールは守ろうぜ。お前の覚悟ってそんなもんなの?」って言ってくれるみたいな。なんかね、心強いんですよ。わかんないけど!(笑)ちょっと職人みたいな人ですよね。なんとなく。

テレビの手越君を見てチャラいイケメンみたいな印象を持っている人は、ライブ見たら印象がガラッと変わるんだろうなぁと思ったりします。NEWS4人でいるときってそんなに前に出ないですもんね。ホント不思議な人だな~。
あとアンコールのときのメガネ姿がめちゃ可愛かった!

 

小山くんのフォルムが美しかったので!

 

ラストは小山君。 

「Touch」とかの衣装の慶ちゃんがメガネでカッコよかったのでそこにしようかな?と思ったのですが、今回はこちらのシーンをチョイスしました。「ヒカリノシズク」の途中です。

ここの慶ちゃんはもう~フォルムが美しくて!
この後目を閉じるんだけど、そこもまた良い感じで、目を閉じてる方かこちらか悩んだものの難しい方にトライしました。

背中のラインが良いんですよね♪
他の曲で、他のメンバーを映している背後の慶ちゃんの背中がものすごく良い感じな時があったんですよ!もはやこの背中だけ描きたい~!みたいな気持ちになりましたが、さすがにそれはやめておきました(笑)

 

慶ちゃんはたびたびトークが面白かったですね!
「手越のウチワを買ったら小山のウチワも買ってね~」で地味に笑いました(笑)なんなんだろうその抱き合わせ商法(笑)

あと慶ちゃんは、前回の「white」のDVDを見たときなんだかちょっと違和感っぽいものを感じたんだけど、今回のDVDは良いお兄ちゃん感があって良かったです♪
なんていうか安定感がはんぱないです!落ち着いてるっていうか。まあそれを言うなら今回4人ともそういう雰囲気があるなぁという気もしましたが。

 

そういえば今回のDVDでは、慶ちゃんは可愛いポーズしていることが多かったですね。一番年上が一番可愛い雰囲気を醸し出すという(笑)

クリスマスのおしゃれイズムの特番では「ダンスを手抜いてる」と指摘されてましたけどどうなんでしょう!?どのあたりなのかなってちょっと見てしまった…けど分からなかった;(笑)

そう、おしゃれイズムで、LIVEの後にテゴマスシゲで飲むという話をしてましたよね。シゲとしては、慶ちゃんがすぐに部屋に戻ってしまうのが嫌だ、と。「メンバーに直してもらいたいところ」というテーマでシゲがこれを言っていたから、オイオイなんちゅう可愛い愚痴なんだ!?と思いました。
酔った手越君が部屋にくるので結局その後二人で飲んだりする、と言っていたけど、ということはマスシゲとは飲んでないってことなのかな?

ちなみに「NEWSな2人」で以前慶ちゃんは、「昨日も後輩8人くらいと朝まで飲んでた」と言って「将来こうしていきたいとか、そういうことを話した」ということを言っていましたよね。そんな慶ちゃんにシゲが「ちなみに小山さんはどうなりたいんですか?」って聞いてたけど、シゲとはそういう話をしないのかな?とちょっと疑問に思いました。この二人は仲が良いというイメージだったので、あれっ意外だな、って思って。まあどうでもいいことなんでしょうけどなんか気になっちゃって!(笑)

 

まあそれはともかく、QUARTETTOのDVDは見ていてすごくまろやかな感じでした。安定感もあるし、なんかナチュラルな感じというか。ハプニングがあっても全然それを楽しめる雰囲気が良い♪
NEWSのDVDを初めて見るんだったら、QUARTETTOが一番わかりやすいかもしれないですね(^ω^)

ちなみに、ラスト慶ちゃんが「みんなが俺らを応援してるように俺らもみんなを応援してる。明日から頑張れよー!」って言うところで、ファンの方がすごく嬉しそうな顔してるのがめっちゃ印象的なんですよね。実際頑張れるんだろうなぁ。頑張れますよね。

 

最後に。 

 

なんだかQUARTETTOの感想というよりNEWS全般への感想になってしまいました…なんか書いてる内にアレもコレもって思ってもう収拾がつかなくて…!(笑)

とりあえず今のNEWSが好きだったら、QUARTETTOが一番「安心して見られるDVD」なのかな?という気がしました。この「安心」というのはちょっと説明が難しいんですけど、心が乱されないというか…細かいことは割愛しますが、余計なことに惑わされないみたいな、そんな意味で。
見てると無意識にニヤニヤしてることだけは確かですね(笑)

 

しかしこうして見てると、東京ドームの舞台に立てるってスゴイことなんだなぁとしみじみ思います。NEWSに限らずですけど、それだけの人に応援されて愛されているって、本当にスゴイなって。単純にそんなことを思いますね。

 

そういえばWアンコールで「weeeek」歌ってるけど、これリアルで想定外なかんじですかね??それとも予定調和??その場でいろいろ相談してたけど、ガチで想定外のアンコールだったら嬉しいパターンですね♪
「もう歌う曲ないよ」って言ってる中でのweeeek…

コレめっちゃ余談なんですけど、わたし昔大好きだったバンドが解散ライブやったとき、やっぱりWアンコールで出てきて、「もう全曲演ったから歌う曲ないんだ」って言って、それでも1曲同じ曲を歌ったことがあって。そこで歌いながら泣いてたから、もうホント忘れられなくて。なんかふとそれを思い出してしまいましたね。

出し切るLIVE。
良いですよね、そういうの!

 

まあそんなわけで長々書いてきましたが、この辺で終わりたいと思います。いまいち纏まりがないですがすみません;

 

ここまでお付き合いくださってありがとうございました!

今年もNEWSが活躍することを祈って♪(^ω^)