読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日はお日柄もよく。

絵をかいたり語ったり酸素吸ったりしてます。

「キーワードは脱処女」

 

こんにちわんこそば!(死語)
すこし前の記事なのですが、今日こんな記事を読みました。

 

smart-flash.jp

 

湘南純愛組!!!
なつかしい~!!!(*´I`*)/

この漫画は誰かに借りて読んでいました。
続編でドラマ化もされた「GTO」は、授業中にみんなで回し読みしていたのを覚えています。そんなことをしているからこんなロクでもない人間ができあがるのでございますね…(。-_-。)

今思うと、ひとむかし前の少年漫画はヤンキーモノが多かった気がします。だけど最近はめっきり減ったような…?

「湘南純愛組」「GTO」は、マガジン連載ですね。
この当時、わたしにとって「マガジン」は謎の雑誌でした。なんかこう、濃い男の世界が描かれている雑誌っていう印象が…。

ジャンプでも「ろくでなしBLUES」とか連載していましたけど、「幽遊白書」とか「るろうに剣心」とかもあったので、わたしのような一部のオタク女子には楽しい世界でした!(その当時の女性向け同人誌はジャンプかサンライズがモテる風潮だったので)

 

まあそれはともかく!
この記事のタイトルに目に留まりました。

 

「キーワードは脱童貞」

 

…わたしはこれを見て、即、ある漫画家さんを思い出しました。

それは、小学館の「少女コミック」で数多くの作品を生み出された、すぎ恵美子先生です。

そう…すぎ恵美子先生は、藤沢とおる先生の「キーワードは脱童貞」の逆をいっているのです…つまり、

 

「キーワードは脱処女」

 

ちなみにすぎ先生は既にお亡くなりになっています。
ですが、今回のエントリーでは、作者が逝去されたからといって作品全体を湿っぽく神聖化するつもりはありません。

わたしは小学生のころからすぎ先生の漫画を読んでいてすごく好きだったけど、とにかくすぎ先生の漫画の設定はツッコミどころ満載なのです。今回はそれをお伝えしたいのです!!

 

すぎ先生の漫画は、とにかくエロかったのです。

当時の少女漫画といえば、エロシーンは描かずに「朝ちゅん」(ヤった翌朝にすずめがちゅんちゅん鳴いてるという現代からすれば物足りないであろう演出)が王道でした。

なにかのニュースで読んだことによると、その「朝ちゅん」ルールを破ったのは新條まゆ先生だそうな。新條まゆ先生といえば「快感フレーズ」などで有名ですよね!数億円の豪邸を購入したとか、赤いポルシェ(?)を乗り回してるとか、漫画はほぼアシに任せてるとかでも話題になってました。(真偽のほどは分かりませんが)
因みに新條まゆ先生はTIGER&BUNNYで初めて二次創作に手を出し、現在ではBLしか描かないと公言しているそうな…。

で、その新條まゆ先生が少女漫画界のタブーを打ち破った一番のことというのは「乳首を描いた」ことなんですって。
わたしは新條まゆ先生の作品をちゃんと読んだことが無いのでよく分からないですが、とりあえずは「なるほど~」と思いました。

すぎ恵美子先生の場合、たぶんそういう直接的な描写はなかったと思うんです。というか、そもそも新條先生よりだいぶ前から活躍していた作家さんですしね!
しかしともかく、設定がすごかったのです!

例えば「cherryのまんま」という漫画のあらすじはこれ。

ノッコこと由伊鹿乃子は、15歳と3か月。16歳になったらヤクザの親分である父親に強制的に結婚させられてしまう!ノッコはなんとか自分で彼氏を見つけて、体験することを決心。突然転がり込んできた巽祐希、ボディガード役の一色弓弦の三人で、なぜかいっしょに暮らすはめになりますが!? 

 

 

いやいやいやいや、彼氏を見つけるのはともかくとして体験までする必要はないのでは?というツッコミを入れたくなります(笑)

 

その他の本もなかなか設定が面白いのです。
これはあぶない男女交際」という本のあらすじ。

バイトの打ち上げで慣れないお酒に酔った、みさとと康。酔ってしまって、何が何だか分からないうちに、肉体関係を持ってしまったかもしれない2人!?この先、どうやって付き合っていくの?毎日学校で、喧々がくがくのケンカを繰り返している、遊とみずき。でも、その真相は、誰にも内緒で、同棲している仲なのだ。その噂の真相がバレてしまって!?

 

 

これ1986年の作品ですよ…この時代にこの設定はなかなか攻めていますよ!肉体関係を持ってしまった、とか…こんなの、ゆるふわ系のマーガレット(集英社)とかでは許されない設定だったでしょう。

とくに最初に紹介した「cherryのまんま」とか、とにかくセックスにまでたどり着かないといけない!という謎の設定ですからね(笑)

この前この内容を思い出して、「なにげにすぎ先生の漫画って今思うと同人誌かよ!?っていう設定多いよね」と言ったところ友達がめっちゃ爆笑してました(笑)

同人誌はエロ主体のものが多いから(その方が売れるから)なにがなんでもセックスに持ち込みたい話が多いんですよね。たまに全ページずっとヤってる本とかあって、個人的には「ストーリーって何だろう?(^ω^)ニッコリ」って思ったりしますが…疑似の快感が欲しい人にはその方が幸せなのかもしれません。

 

ぜんぜん関係ないけど、いつだったかエロ漫画雑誌で読んだ話もなかなかに突っ込みどころ満載でした。

余命いくばくもない若い女の子が、死ぬ前に一度経験してみたいということで適当な男性と出会ってセックスするという内容だったんですが…

それがもう漫画家さんが上手なのかなんなのか、とにかく読み終わった瞬間には感動しちゃうんですよ!なにせその女性は死んでしまうから…

けど、よくよく考えるとですよ?
その女性にとっては人生で一度きりの経験を、たまたま出会った好きでもない男と済ませたってだけなんですよ。で、相手の男性としたらこれから先どんな女性とも出会えて何度でもセックスできるわけじゃないですか?よくよく考えたらそこにどんな感動があるんだよって思いますよ;;

結局のところ生き残った方には未来があるわけで、その人が永遠に死人を愛するわけではないなら感動なんてあるのかって…まあこのあたりはエロ漫画の神秘ですね…よくよく考えると「は?」と思う内容でも、読んでる間は納得しちゃう、みたいな…

 

まあ、なんか、そんだけです。
ただ単に、すぎ先生の漫画には「目的は処女消失!」っていう設定がなかなか多かったので、ふと思い出しただけなのです。

こういうトンデモ設定は、最近の漫画ではフツウになりつつあるように思います。なにせエロ漫画の種類が多くなりましたしね…でも過去に、しかも少女漫画でこれをやったとなるとなかなかレベルが高いなぁと思う訳であります。少なくとも「攻めてんなぁ」と思いましたね!

 

今見てみると、昔の漫画には結構「おお!」と感動することがおおいです。

この前、一条ゆかりさんの「有閑倶楽部」を読み直したのですが、今の少女漫画にはないプロットの細かさを感じてビビってしまいました。まあそもそも恋愛が主体のはなしではないから比較が難しいのだけど、感情メインの恋愛ものと違って、あれはプロットがないと難しいなあという緻密さを感じました。

 

たまには昔の漫画を読むのも面白いですね!(*´I`*)

 

 

広告を非表示にする