読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日はお日柄もよく。

絵をかいたり語ったり酸素吸ったりしてます。

瀕死だからラストエリクサーください。

こんにちはです。
とうとう6月突入、一年も半分くらい過ぎましたね!

 

私事ですが、、
先月ひっそりながら力を込めて蒔いた種が、ひとつも芽を出さずに全滅しました。悲しいというより虚しい…(。-_-。)
そしてなにより悔しい。

 

もちろんこれからも種は蒔きつづけるけど、それにしても、やはりダメージは喰らいます。HP1にはなります。
戦闘中は死んだけど、戦闘終わったらギリギリHP1で生きててすぐケアルガかけなきゃ的な感じにはなるわけです。
ところがどうでしょう、白魔導師がいない!
エリクサーも持ってない!
ワオ!
ラストエリクサーちょうだい」
わたしはマジックポットになりたい。

 

何かに挑戦することは意外と好きなのですが…例えば「ひとり焼肉に行く」とか、微妙に勇気がいるけど、まあまあイケるかな?と思うのです。ちょっと恥ずかしいけど、エゴサーさえしなければ、誰も自分を裁かないからです。

 

けど、誰かに自分をジャッジされるような、評価されるような、そういうシステムに於ける挑戦は、ツライです。どんなにプロセス主義を謳ったって、結果がダメだったら、ダメに変わりはないし、自分以外の誰かが選ばれる状況なら、少なくとも、その時点に於いて自分には選ばれるだけのものが無かったということは明らかな事実…状況がどうとか、時期がどうとか、関係ない。選ばれなかった。事実はそれだけ。次回頑張れば良いとかよく言うけど、それは分かってる。問題は「今」ダメだったという事実。その痛みを、痛いんだけど感じていたいという、、なにかそのような気持ち。

 

以前アパレル業界で、郊外型店舗で働いていたときのこと、売上が悪くて部長からいろいろ言われたことがありました。最寄駅から徒歩30分という、車がなければ厳しい立地。しかし部長曰く、「売り上げが悪いのを立地のせいにするな」。その当時は「は?どう考えても立地悪いし」と思ってたけど、その職場を辞めた後、その部長の言葉は正しかったんだと気づいた。確かに立地は悪いけど、できうる限りすべての方法を試したかといえばそうでもなかった。転職先は別の業界だったものの、時には街頭で客引きもし、お客様が最も警戒するだろうランニングコストのかかる契約を取らねばならない仕事だったため、もはや営業の質が違っていた。「ああ、ここまでしないとお客さんは話を聞いてくれないんだ」そう思った。これと同じだけのことを前の職場でできていただろうか?確実にできていないと思った。
多分、それと同じようなことが、今わたしの目の前には横たわっているのだなと、なんとなく感じたのです。

 

今月以降もトライアルアンドエラーだけど、今この瞬間は虚しさと悔しさでごっちゃだから、とにかくわたしは癒されたいでございます!!!(-`Д´-)

 

一楽で味噌ラーメン食べたい!!!

ゆきひらで定食食べたい!!!

「癒し系」の必要性をひしひしと肌で感じました!!!

 

 

田所ちゃんのおにぎりとか食べてほっこり癒されたいよ~(*´I`*)

 

 

数年前、女友達が「最近ももクロ見てると癒されるんだよね」と言ってたけど、なんかちょっと分かるような気がします。歳をとるとジャ○ーズファンになる女の人って多いけど、たぶんそれも同じ原理なのかな…と思います。

 

 

今月も…頑張ろう。

 

 

 

広告を非表示にする